日本製 もの作りの素晴らしさを伝えたい

この素晴らしき国 日本のもの造りの凄さを 日本人に教えたい!伝えたい!

日本製バッグ メンズ人気について語ります

メンズ人気の日本製バッグが増えています。
カバンは海外からも多くのブランドが生まれており、日本にも輸入されています。
しかし、日本の熟練職人により製造された日本人バッグは、細部までのこだわり、仕上がりの美しさが、やはり違います。


 

そのようなスタイルをとっているメーカーは、

受注生産をとっていることが多いです。
大量生産とは違い、1点1点を丁寧に作り上げるのがモットーです。
そのような誠実さも、メンズ人気の秘密なのかもしれません。 

 

VANITY BASH(バニティ バッシュ)は渋谷に工房のある、カバンブランドです。
工房でひとつひとつ、手作りでカバンをつくっています。
元アパレル業界とカバン業界のコラボによるオリジナリティーがステキです。
使い続けるごとに、より味わいがでてくる。
長く使い続けたい人たちおすすめです。 

 

受注生産をとっている日本製のバッグはほかにもいろいろありますが、注文から発送まで、かなり時間がかかります。


たとえば、6週間前後の時間がかかったりします。
すぐに欲しい、という方にとっては、こういう工房のカバンはオススメできません。
本当に欲しいものを、時間をかけてでも手に入れたいという、情熱のある方にこそふさわしいです。


注文から発送まで時間はかかりますが、

仕上がりの良さは、大量生産ではとても出せません。
愛着の持てる商品を手に入れたいのなら、こちらです。
オーダーメイドでつくるようなところは、事前に打ち合わせがあったりします。

 

いずれにしても日本製のモノ作りが世界で素晴らしく評価されていることを

日本人は 誇りを持って受け入れるときが来たと思います。

 

それは日本製の革財布ブランドにおいても同じ現象です。

みてください この日本製皮革ブランドを

>> 革財布 メンズ 日本製人気ブランド

 

 

そういえば今

明治天皇の玄孫 竹田恒秦先生が

ものすごく注目されえいますね。

 

竹田先生のお話を聞いていると本当に元気になります。

ズバリ 日本が元気になります。

 

そんな竹田恒秦先生は やはり財布にもこだわっていて

甲州 印伝財布を使われています。

それも 毎年買い換えているらしいですね。

 

10月8日にテレビでやっていた番組で特集されていましたね。

あの番組を通じて 甲州印伝財布ブームがやってくる気がします。

私も 竹田恒秦先生が購入した財布が欲しいです^^

 

その竹田恒秦先生が買った甲州印伝財布について詳しいサイトを見つけましたよ

>>>>>  竹田恒秦財布 紹介サイト

 

 

 

 

Copyright © 2009 日本製 もの作りの素晴らしさを伝えたい. All rights reserved
オーネット